NetADMS

世界中で高い評価を受けていた日本の工業製品は近隣諸国からの追い上げ、最近の円高要因などにより、一時の生彩を欠いた状況がここ10年近く続いております。

しかしながら海外市場では、日本ブランドは今までに蓄積されてきた高い技術力、きめの細かいサービス、誠実な対応等により依然として高い評価を受けています。
そのような企業と若い技術者を育成する教育機関向けに開発されたのがNetADMSです。
NetADMS概要
NetADMSはクラウド環境で稼働するCAD/CAM一貫システムです。
図面を作成するための図形描画から成果物を製造するための加工方法までを一貫して行うCAD/CAM一貫システムです。
その為に必要な工具データベースとそのデータベースを活用して加工方法を定義した標準加工形状を活用しNCデータまでを作成することが可能です。
NetADMSはクラウド環境
NetADMSはクラウド型の機械系CAD/CAMシステムです。CAD/CAMの機能はすべてユーザのWEBブラウザで動作します。 ユーザはCAD/CAMの特別なソフトウェアやハードウェアをもつ必要はありません。ユーザはブラウザの上で図面を描きサーバにアップロードします。 サーバは送信された図面を分析し、データベースを検索して加工情報を作成し、ユーザのパソコンにNCデータをダウンロードします。
CAD/CAMのソフトウェア、データベースなどの情報をすべてサーバーに保存しています。ユーザーのPCにCAD/CAMのソフトは不要で、ソフトウェアの購入の必要は無く、またソフトウェアの管理、維持も必要ありません。
NetADMSの標準加工形状・工具データベース
図面上にボルトなどの部品を配置するとそこには加工が必要です。NetADMSは部品形状と加工形状の関係を分類しました。これがNetADMSの特徴である標準加工形状です(特許4480514号)。加工形状名と形状パラメータを入力するだけでNCデータを作成することができます。設計時間とNCデータ作成時間の大幅な短縮が実現します。
標準加工形状には加工工程が定められ、各工程には加工工具が定められています。予めワークの材質が指定されているので、システムは工具種別、工具径、ワーク材質から切削条件を自動で検索します。NetADMSは豊富な加工実績のデータを持ちます。
NetADMS詳細情報
NetADMS技術情報のサイトを見る